for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ドラフト Research Memo(2):企業使命は、「デザインを通して、社会の課題を解決する」


*15:02JST ドラフト Research Memo(2):企業使命は、「デザインを通して、社会の課題を解決する」
■会社概要

1. 会社概要
ドラフト
5070は2008年4月、デザイナーである山下泰樹氏により設立された。山下氏は創業者であり、筆頭株主である。同社は、「デザインを通して、社会の課題を解決する」を企業使命とする。企業理念は、「ALL HAPPY BY DESIGN」。デザインの力で世界にHAPPYの循環を作り出し、「その空間にいる人々の心地良い体験や満足感」を表現する言葉であるヒューマンエクスペリエンスの向上によって、社会に貢献することを目指している。

同社の創業時はオフィスが単なるコストとして捉えられており、限られたスペースを極力効率的に使用することが設計の主流であった。同社はIT系企業とともに自由な発想を取り入れた空間を数多く手掛け、建築物の表面的な見栄えではなく、デザインをツールとした課題解決に創造力を発揮した。ワーカーが長時間を費やすオフィス空間の重要性に鑑み、オフィス空間に企業のブランドを具現化するだけでなく、社員が居心地良く過ごせ、誇れるオフィスの実現を目指した。こうした同社のビジョンやデザインが反響を呼び、顧客層が大企業へも広がる。商業施設の環境設計や大手デベロッパーと組んだ都市開発のデザインを手掛けるようになった。現在の対象領域は、インテリアデザインから建築設計、プロダクトデザイン、商業施設、そして都市開発にまで広がっている。

2020年3月期の売上高(6,041百万円)の対象領域別売上高構成比は、オフィスが66.5%、商業施設が5.4%、都市開発・環境設計・その他が28.1%であった。

2. 沿革とグループ企業
同社グループは、本体とフィリピンにある連結子会社D-RAWRITE INC.の2社で構成されている。D-RAWRITEは2013年に設立され、3Dイメージパースと2D設計図面の作成を行う。本体にプロジェクトマネジメント機能(PM)・コンストラクションマネジメント(CM)機能を有し、グループ内に分業体制を確立することで、従業員の約6割が所属するデザイン部門が本来の業務に専念できる体制をとっている。

D-RAWRITEが製作を担当する3Dイメージパースは、図面をもとに建物の外観や室内の完成予想画像を3Dで表したもの。施主と完成イメージを共有するうえで非常に重要なツールであり、クライアントに対するプレゼンテーション等で、図面や模型に対し圧倒的な威力を発揮する。製作には多大な時間と費用を要するが、同社は優秀なエンジニアが多数存在するフィリピンで内製することにより、ノウハウ・スキルの蓄積による品質の向上、業務の効率化及びコスト削減を実現している。東京のデザイン部門とテレビ会議などによるコミュニケーションを密にとることで、製作時間の短縮と完成度の高さを図っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)




《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up