for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

オプティム---手術支援ロボットシステム用のネットワークシステム「MINS」をメディカロイド、シスメックスと共同開発


*12:46JST オプティム---手術支援ロボットシステム用のネットワークシステム「MINS」をメディカロイド、シスメックスと共同開発
オプティム
3694は26日、手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム(以下、hinotori)」の運用支援や安全・効率的な手術室の活用支援、及び手技の伝承・継承支援を目的としたネットワークサポートシステムのプラットフォーム「Medicaroid Intelligent Network System(以下、MINS)」を、メディカロイド及びシスメックス6869と共同開発したことを発表。

MINSは、手術支援ロボットのhinotoriに搭載された各種センサーの情報により手術室全体の映像をリアルタイムで収集・解析・提供できるオープンプラットフォーム。オプティムが提供するAI・IoT プラットフォームサービス「OPTiM Cloud IoT OS」をベースとしている。

MINSでは第一弾のサービスとして、「ログデータの収集・蓄積」「映像配信・閲覧」「ロボットの動きを再現」の3つのリモートサポートを提供する。

「ログデータの収集・蓄積」においては、hinotoriの稼働状態やエラー情報をリアルタイムに収集し、メディカロイドのサポートセンターではその情報をもとに、顧客の運用に関する問い合わせやトラブルに遠隔から対応することが可能となる。

「映像配信・閲覧」においては、手術室の映像をライブ配信・閲覧することで、メディカロイドのサポートセンターにおいて手術室の状況を正確に把握することができる。

「ロボットの動きの再現」においては、hinotoriの稼働状態を三次元的に再現し手術中のロボットの動作に加え、術者の操作もメディカロイドのサポートセンターで視覚的に把握することが出来るという。







《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up