for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

エーバランス Research Memo(2):IT企業からグリーンエネルギー事業を営む総合カンパニーへ


*15:42JST エーバランス Research Memo(2):IT企業からグリーンエネルギー事業を営む総合カンパニーへ
■会社概要

1. 会社沿革
Abalance
3856は2000年4月にインターネットサービスの開発・運営、並びに企業向けナレッジマネジメントソリューションの提供を目的にIT企業として発足した。2007年9月に東証マザーズ市場(現在は東証第2部)に上場、調達した資金で海外のIT企業を買収し事業拡大を目指したが、2008年秋のリーマンショックによるIT投資の縮小に伴い、海外のIT事業については2011年6月までにすべて売却した。

2011年11月に、建設機械の仕入販売やグリーンエネルギー事業を行っていたWWBを株式交換により完全子会社化したのを契機に、グリーンエネルギー事業を推進してゆく。現在では、グループの主力事業へと成長した。2017年3月には太陽光発電所の分譲販売事業を展開する(株)バローズを完全子会社化した。2019年1月にはWWBが光触媒酸化チタンコーティング剤及び関連製品の開発、製造販売を行う(株)鯤コーポレーション(日本光触媒センター(株)に改称)を子会社化した。2019年10月には、IT事業特有の市場変化への柔軟な対応等を企図し、同社の一事業として行っていたIT事業を分社化、Abit(株)を設立した。さらに、2020年10月にはFUJI SOLAR、VSUNの連結子会社化を発表した。

Abalanceの頭字の「A」には、「Ace」「All」「Action」の総称として「プロとして最高を目指し(Ace)顧客を含めすべてのことに広く貢献するために(All)、事業活動を行い顧客とともに社会的価値を創り続けていく(Action)」という意味が込められている。「balance」は「調和」を意味し、同社グループの各事業の調和を最大限に図りつつ、すべてのステークホルダーが、同社グループとの間において実質的に公平に便益を享受し、有機的な調和を構築・維持できるようになることを目指すという決意を映している。また、グローバルな事業展開を目指して行く決意を含めるため、アルファベット表記としている。

新型コロナウィルス感染症の収束目途が見えないなか、WWB子会社の日本光触媒センター株式会社が開発した新製品「blocKIN(ブロッキン)」がクローズアップされている。同社の光触媒は、光のエネルギーを利用して有害有機物の分解、大気浄化、水質浄化、脱臭、抗菌、抗カビ、汚れ防止、超親水性防曇、セルフクリーニングの効果を発現する。医療機関や介護医療施設、学校、保育園、公共施設、食品加工工場、レストラン、カラオケボックスなど各種施設向けに抗菌・抗ウィルス施工サービスを行う「光触媒LIFE」事業を新たに立ち上げ、販売代理店やフランチャイズオーナー募集を開始した。同社光触媒の主原料は水と酸化チタンであり、化学物質を含まない独創的技術性により、高い抗菌・抗ウィルス効果、脱臭性、持続性などを強みとする。なお、同社の藤井取締役は、光触媒製品の健全な市場形成と普及を目指して設立した「キレイJAPAN活動」を推進する 光触媒工業会の会長を務めている。

同社の主な海外事業として、ベトナムにおける太陽光パネル製造販売企業であるVSUNがある。太陽光パネルの主な販売先は欧米であり、新工場建設などにより増産体制を整備しており生産能力は1.5GWを有している(世界25傑)。参考数値ながら売上規模は2019年単体で100億円以上となった。前述のとおり、FUJI SOLARの連結子会社化を通じたVSUNの特定子会社化を発表し、VSUN業績をグループ連結に取り込むことになった(2019年12月期参考値、売上高11,225百万円、営業利益421百万円)。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up