for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

パイプドHD Research Memo(4):自由なカスタマイズ性が「SPIRAL(R)」最大の特長


*15:04JST パイプドHD Research Memo(4):自由なカスタマイズ性が「SPIRAL(R)」最大の特長
■会社概要

(5) 特色、強み
a) システム構築が容易
「SPIRAL(R)」の最大の特長は、自由なカスタマイズ性にある。パイプドHD
3919自身が「SPIRAL(R)」の機能を組み合わせて自社の業務用システムや特定顧客(分野)向けのアプリケーションを開発しており、金融機関のような極端に高い信用度を求められる分野を除けば、世に存在するあらゆる業務系のシステムを「SPIRAL(R)」の機能の組み合わせによってつくることができると言っても過言ではない。以前はこのような業務系のシステムは、一般的にはSIerと呼ばれる専門事業者が構築していた。しかし、従来SIerが行っていた業務の大半は「SPIRAL(R)」の機能を組み合わせることで置き換えが可能であり、顧客企業自身が各種の開発やシステム構築を容易に行うことができるようになっている。そのため、大企業だけでなく、システム開発等に多額の費用をかけられない中小企業にとって同社製品は、安価でかつ使いやすい製品となっている。

b) 各種アプリケーション間の連携が可能
「SPIRAL(R)」の持っている機能は多岐にわたるが、最も基本的な機能は、例えば顧客企業がWebを通じてデータベースを管理するうえで、データベースの作成から「登録/更新/削除」などのデータ操作、一括データ登録、ダウンロードなどが簡単にできる点である。具体的には、企業がWebを通じてアンケートを実施し、市場調査や新製品の評価を行うような場合、企業側では「SPIRAL(R)」を使用して、ごく手軽にアンケートを作成し、それをターゲットとする顧客や見込み客の元に届け、アンケートに回答してもらい、それを回収することができる。顧客情報のデータベースに満足度調査のアンケートを関連付ければ、それがそのまま顧客属性に応じた分析になり、満足度の向上のためのフォローアップも可能になる。アンケート結果はリアルタイムで集計され、その結果をそのまま報告書に仕上げることもできる。「SPIRAL(R)」を通じて、これらの異なるアプリ間での一連の作業を簡単な操作で行うことができるのだ。

同様に、プレゼント特典付きのキャンペーン、人事採用のエントリーシート、問い合わせフォーム、セミナーの申し込み、口座開設、資料請求などのフォーム作成に関しても、「SPIRAL(R)」を通じて、フォームの作成や会員属性の登録、更新、削除、ログイン認証などを手早く行うことも可能である。例えばセミナーの開催などの場合、仮に複数のセミナーが同時進行しても、複数の申込受付やキャンセルの管理が即時に可能であり、セミナーの開催が効率的になる。これらのデータを検索フォームに一覧表示させ、一問一答式の分岐アンケートや集計表、グラフなどに発展させることも容易である。さらに、音声(電話)でのソリューションを持つアズベイス(現 フレンディット)のサービスが加わったことによって顧客の利便性は一段と向上する見込みだ。

同社の競合会社の1つが米国のsalesforce.com
CRMだが、この会社は買収を繰り返して成長してきた。そのため、各種のアプリケーションは異なる被買収企業が開発してきたものであり、各アプリケーションは同じ基盤(プラットフォーム)上で作成されたものではない。その結果、顧客がこれらの複数アプリの連携を必要とした場合、追加の開発コストや時間が必要となる場合が多い。その点でパイプドビッツの「SPIRAL(R)」は同じプラットフォーム上にアプリが載っているため、各種アプリの相互連携を容易に(安価かつ短時間で)行うことが可能であり、salesforce.comよりはかなり優位であると言える。

c) 導入コスト、セキュリティ面での優位性
また「SPIRAL(R)」は、パッケージソフトウェアとして販売されずに、期間利用型のクラウドサービスとして提供されているため、顧客企業は無駄な時間やコストをかけずに、必要とするシステムを独自に短時間で安価に構築できるのも特長だ。すなわちシステム導入の初期であっても多額の費用をかけずに少額の投資からシステム開発が可能になる。

このようなコスト面での優位性に加えて、セキュリティ面での保証・保守や監視機能も付いていることから、特に中小SIerにとっては利便性の高い製品となっている。例えば、ネット上での通信暗号化技術として最も一般化しているSSL(Security Sockets Layer)に脆弱性が指摘された場合、通常であれば各SIerは個別にこの脆弱性への対応をする必要があるが、同社の「SPIRAL(R)」を利用していれば、必要な対応は同社が行う(「SPIRAL(R)」上で解決される)ため、各SIerは個別に対応する必要がなくなる。一方で、同社の「SPIRAL(R)」を利用していることが、最終顧客に対してセキュリティ面での安心感を与えているとも言える。

特にシステム開発やセキュリティ確保のために多額の費用をかけられない中小企業にとって、同社製品はワンストップでこれらの問題を解決してくれるため、同社製品は大企業だけでなく、特に中小企業に対して強みを発揮できると言えるだろう。

d) 導入事例
同社の「SPIRAL(R)」の導入事例として、オリエンタルホテル東京ベイがある。同ホテルでは、クーポン配信アプリを使用しアプリ登録者にクーポンを配信していたが、PMS※と連携されていなかったため、ホテル会員との紐づけができておらず、会員への効果的なクーポン配信ができていなかった。その結果、ホテル会員の来館者を効果的に集客できず、収益向上の機会をロストしていた。そこでPMS内の会員情報と紐づけされた情報発信システムを、スマートフォンアプリではなく「SPIRAL(R)」とLINEを利用して開発することで、開発コストを2分の1に抑えることができた。「SPIRAL(R)」、LINE、PMSを連携させ、ホテル会員の利用頻度や性別、居住地などに応じた効果的な情報をLINEで配信することで、ホテル会員の来館促進が可能となった。すべての導入例が同様ではないが、「SPIRAL(R)」の優位性を示す好例である。

※PMS(Property Management System):宿泊の予約・客室の管理などを行うシステム。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up