for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日本M&Aセンター---2Q増収増益、コロナ禍のなかでも過去最高益を更新


*18:17JST 日本M&Aセンター---2Q増収増益、コロナ禍のなかでも過去最高益を更新
日本M&Aセンター
2127は10月30日、2021年3月期第2四半期(20年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比6.1%増の187.81億円、営業利益が同6.4%増の97.75億円、経常利益が同5.6%増の97.68億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同6.7%増の67.63億円となり、第2四半期における過去最高益を更新した。

当第2四半期累計期間においては、2020年4月から5月までの緊急事態宣言、更には緊急事態宣言解除後も国内外における新型コロナウイルス感染症拡大の懸念から、同社の営業活動は大きく制限された。このような厳しい状況の中、当第2四半期累計期間における成約件数は467件(前年同期は519件、譲渡・譲受は別カウント)と前年同期の件数には届かなかったが、着実に案件を成約した。一方、成約案件個々の案件規模については前年同期に比して中型、大型案件の成約に注力することができ、このことが平均成約単価の上昇に寄与し増収増益となった。また、譲渡案件の新規受託件数は575件となり、前年同期の472件を21.8%上回り、堅調な案件受託状況のもと半期を折り返した。

営業上の取り組みとして、各地域の顧客の要望に応じて、首都圏、大都市圏からの往訪を極力避け、安心して同社グループのサービスを受けてもらうため、これまでの8サテライトオフィス(盛岡・仙台・富山・大津・四日市・大分・熊本・鹿児島)に加え、新たに6サテライトオフィス(青森・秋田・奈良・和歌山・岡山・高知)を新設し、従来からの営業所等を含めて合計21拠点で営業活動を行っている。また、当第2四半期累計期間において各種セミナーのオンライン化を本格始動すべく、戦略を練ってきた。具体的な取り組みとして、特定の業種に特化したセミナーを連続的に開催する等、業界特有の課題を整理し、その対応策についてセミナーを開催した。その結果、リアル開催のセミナーを大幅に上回る全70回のオンラインセミナーを開催し、過去最高の累計7,000名を超える参加があった。

2021年3月期通期について、同日、未定としていた業績予想を発表した。売上高は前期比3.1%増の330.00億円、営業利益は同5.3%増の150.00億円、経常利益は同3.7%増の150.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同2.2%増の105.00億円としている。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up