for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日本テクノ・ラボ---2Qは売上高が1.56億円、既存顧客との信頼関係を築きつつ競争力のさらなる強化に努める


*11:50JST 日本テクノ・ラボ---2Qは売上高が1.56億円、既存顧客との信頼関係を築きつつ競争力のさらなる強化に努める
日本テクノ・ラボ
3849は10月30日、2021年3月期第2四半期(20年4月-9月)決算を発表した。売上高が前年同期比18.8%減の1.56億円、営業損失が1.24億円(前年同期は0.33億円の損失)、経常損失が1.24億円(同0.32億円の損失)、四半期純損失が0.90億円(同0.36億円の損失)となった。

既存顧客への運用支援を行いながら製品の品質・機能をさらに向上させ、顧客満足度を上げることによりユーザとの信頼関係を築きつつ、競争力のさらなる強化に努め、新規ユーザを獲得すべく営業活動に邁進した。

イメージング&プリンタコントローラ事業の売上高は前年同期比4.2%減の0.23億円、セグメント損失は0.18億円(前年同期は0.02億円の利益)となった。当第2四半期は、前年同期比として、収益は、製品売上高の僅かな減少に伴い減少した。費用は、販売費及び一般管理費は僅かに減少したが、製品原価および保守原価の増加に伴い増加し、当セグメントの損益は損失計上となった。

ストレージソリューション事業の売上高は前年同期比46.6%減の0.06億円、セグメント損失は0.12億円(前年同期は0.17億円の損失)となった。当第2四半期は、前年同期比として、収益は、商品売上高および製品売上高の減少に伴い減少した。費用は、保守原価は増加したが、商品原価、製品原価および販売費及び一般管理費の半減に伴い減少し、当セグメントの損益は損失計上となったものの、損失幅は減少した。

セキュリティ事業の売上高は前年同期比17.9%減の1.19億円、セグメント損失は0.15億円(前年同期は0.44億円の利益)となった。当第2四半期は、前年同期比として、収益は、製品売上高および保守売上高の減少に伴い減少した。費用は、製品原価、保守原価および販売費及び一般管理費の増加に伴い増加し、当セグメントの損益は損失計上となった。

ビジネスソリューション事業の売上高は前年同期比32.4%減の0.06億円、セグメント損失は5万円(前年同期は0.02億円の利益)となった。当第2四半期は、前年同期比として、収益は、保守売上高は僅かに増加したが、製品売上高の僅かな減少に伴い減少した。費用は、受託原価の減少に伴い減少したが、当セグメントの損益は損失計上となった。

2021年3月通期の業績予想については、現時点において合理的な業績予想の算定を行うことは困難であり、適切な予想の開示ができないと判断し、開示していない。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up