for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

新晃工業---大空間向け除菌システムの実証実験をZepp Hanedaで実施


*12:18JST 新晃工業---大空間向け除菌システムの実証実験をZepp Hanedaで実施
新晃工業
6458は30日、空間除菌、東洋熱工業、NSFエンゲージメントと共に、食品添加物、殺菌料メーカーである本部三慶と、Zeppホールネットワークの協力のもと大空間向け除菌システムの実証実験を「Zepp Haneda(Tokyo)」で実施したと発表。

新型コロナウイルス感染が再拡大する中、ホールや劇場、商業施設やオフィスビルなどの大空間における感染対策としては換気が有効とされているが、換気に加えてさらなる感染の予防策に対するニーズが高まっている。今回、4社は大空間における安全・安心な室内環境の提供を目指し、新たに除菌システムを開発。

3,000人規模のコンサートホールZepp Hanedaで2020年9月より実証実験を複数回にわたって実施し、有効性を確認した。本実証実験では、三慶が製造特許を有する「クロラス酸水」(亜塩素酸水)を採用。本システムは、空間除菌が開発した専用の噴霧ユニットによってクロラス酸水の微細なミストを生成。独自の特許技術によって一般的な加湿器では難しい0.3~0.5μmの粒子径を実現、空気中で落下しにくく拡散するため、空間で長く滞留することができる。このミストを既存の空調設備を介して空間に行き渡らせることで、大空間の空気中に浮遊する細菌やウイルスなどの除菌を行うもの。

4社は今後も共同でZepp Hanedaなどにおいて実証実験を継続して最適化の考察などを行い、ホールや劇場、オフィス、工場などの大空間における空気感染予防対策として、本システムの製品化を目指す。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up