for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

デリカフーズホールディングス---産官学機関と連携、JAXA宇宙探査イノベーションハブ第6回研究提案募集に採択


*12:24JST デリカフーズホールディングス---産官学機関と連携、JAXA宇宙探査イノベーションハブ第6回研究提案募集に採択
デリカフーズホールディングス
3392は4日、子会社のデリカフーズとメディカル青果物研究所が、菱熱工業や国立研究開発法人産業技術総合研究所、国立大学法人千葉大学と連携して、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙探査イノベーションハブが公募した「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーション」に関する研究提案募集のうち、「資源循環社会に向けた自立循環型水耕栽培システム(地産地消型探査技術)」の採択を受けたことを発表。

実施期間は、2020年11月~2022年10月の2年間の予定。デリカフーズは、野菜残渣の提供、残渣分解装置の設置・稼働を行う。メディカル青果物研究所は、野菜残渣や液化堆肥、環境浄化型植物などの評価・分析を行う。菱熱工業は、残渣分解装置の導入、自動搬入・自動計量機能の追装を行う。産業技術総合研究所は、炭酸ガスの捕獲・分析、有効利用を行う。千葉大学は、炭酸ガス・液化堆肥での野菜栽培実証を行う。JAXAは、月面農場関連技術の適用検討を行う。

植物性の残渣を高速分解する技術を基盤として、そこから発生する炭酸ガス、および無機元素を全量回収し、養液栽培に利用する手法の確立を目指す。残渣の投入から農産物の生産において、閉鎖型管理で実施し、各工程の全必須元素の収支を解明することによって、環境浄化型植物生産法を確立する。同技術は、リサイクル処理技術の導入だけでなく、宇宙や地上の両方に有効なものを達成する。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up