for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

クリレスHD Research Memo(4):コロナ禍により足元業績は大きく後退(2)


*15:04JST クリレスHD Research Memo(4):コロナ禍により足元業績は大きく後退(2)
■クリエイト・レストランツ・ホールディングス
3387の決算概要

2. 2021年2月期上期の総括
以上から、2021年2月期上期を総括すると、同業他社と同様、コロナ禍により足元業績は大きく後退するとともに、今後に向けても不確実性が残る厳しい状況となった。ただ、カテゴリー別や出店エリア(首都圏か地方か、首都圏でも都心か郊外か)によりばらつきがある点には注意が必要である。すなわち、悪い部分を整理し、良い部分を強化することにより、環境変化に柔軟に対応していく事業構造となっているところは、まさに「マルチブランド・マルチロケーション戦略」(独自の業態ポートフォリオ)の真骨頂と評価できるだろう。また、後述するように、徹底したコストコントロールにより収益体質の強化を図っているところも、今後の早期回復に向けて注目すべきポイントと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up