for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

SFP Research Memo(5):コロナ予防対策で安心安全な店づくり、テイクアウト拡充・デリバリー開始へ


*15:15JST SFP Research Memo(5):コロナ予防対策で安心安全な店づくり、テイクアウト拡充・デリバリー開始へ
■SFPホールディングス
3198の活動実績と今後の取り組み

1. コロナ禍における取り組み
1) 安心安全な店づくり
新型コロナウイルス感染の予防対策として「大切なお客様へ〜10の取り組み」を策定し、従業員のマスク着用やアルコール消毒液による店内消毒、アクリル板を設置しての飛沫感染防止策など、店舗の衛生管理を徹底して継続。

2) メニューの見直しによるコスト削減
「磯丸水産」のグランドメニューの見直しにより、食材ロスの削減、オペレーションの改善を行い、効率的な店舗運営を実現。

3) テイクアウト拡充・デリバリー開始(2020年5月より)
丼物を中心としたテイクアウトメニューに加え、浜焼き・オードブル・弁当などを大幅拡充。さらには「磯丸水産」や「鳥良商店」において、テイクアウトサービス「LINEポケオ」、デリバリーサービス「Uber Eats」「出前館」を導入している。

4) デリバリー専業店の展開(2020年7月より)
直営既存店のキッチンを活用したデリバリー専業店の展開を開始。うなぎをリーズナブルに提供する「うなぎの岡島」を7月21日より、ジューシーで大きなからあげを提供する「からあげ専門店 巨匠の食卓」を9月1日より展開。「Uber Eats」「出前館」より注文することができる。オペレーションの追加的な負荷が少なく、売上高の上乗せ要因として順調に立ち上がってきたようだ。

2. 今後の取り組み
1) 不採算店舗の退店
コロナ禍による外部環境の激変を受け、不採算となった店舗については、引き続き適切なタイミングで退店の要否を判断し、収支の改善を図る。

2) 新たなビジネスモデルの構築
前述のとおり、既存店舗を活用したデリバリー専業店の展開等による<withコロナ時代>に適応する新たなビジネスモデルの構築、売上プラスオンを目指す。

3) コーポレート業務の効率化とコスト削減
グループ内のシェアードサービス機能を担う合弁会社を設立((株)クリエイティブ・サービス)。コーポレート業務の共通化・標準化によるコスト削減を図り、グループ全体のコーポレート業務の効率的運用を目指す。

4) 「GoToイート」キャンペーンへの参加
グループ全体の約98%にあたる約200店舗が参加し、オンライン予約※が好調のようだ。また、プレミアム付き食事券や「GoToトラベル」地域共通クーポンへの対応も検討中である。

※オンライン予約サイトで予約・来店後、次回使えるポイントとして1人最大1,000円分のポイントが付与される。


5) 役員報酬の自主返上の継続
コロナ禍による影響を踏まえ、2020年4月より実施している役員報酬の自主返上について、さらに2020年10月から期末まで(5ヶ月間)の延長を決定した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up