for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ナノキャリア--- 第2a相で良好な結果を示したNC-6004のキイトルーダ併用第2b相臨床試験の投与を開始


*16:00JST ナノキャリア--- 第2a相で良好な結果を示したNC-6004のキイトルーダ併用第2b相臨床試験の投与を開始
ナノキャリア
4571は5日、主要パイプラインであるNC-6004とキイトルーダ併用による頭頸部がんを対象とした第2b相臨床試験1例目の投与を開始したと発表。

本試験の症例数は124例で、主要評価項目はキイトルーダ+NC-6004とキイトルーダ単独におけるPFS中央値の比較、実施地域はヨーロッパと台湾で、試験期間は約2年。

先に実施した第2a相臨床試験において認められた奏効率は25%であり、無増悪生存期間(PFS)中央値について、推奨用量である135mg/m2症例では5.2ヶ月であった。公表されているキイトルーダの第3相試験(Keynote-040)で認められた奏効率14.6%、無増悪生存期間(PFS)中央値2.1ヶ月よりも良好な結果を示した。このことから同社は、スタートした第2b相試験で実施する比較試験において、比較対照群(キイトルーダ単独)に比べ優位性を示すと期待している。

この比較試験は、がん治療において中心的な薬剤となっている免疫チェックポイント阻害剤の併用剤として相乗効果を示すことにより、NC-6004の抗がん剤市場における製剤価値向上につながる。本治験の結果を基にライセンス先であるOEP社(台湾)と共同で大手製薬企業などへのライセンスアウトを計画している。

なお、頭頸部がんを対象としたNC-6004の開発におけるOEP社からの開発マイルストンが発生するが、2021年3月期業績予想に織り込み済みとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up