for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「好悪材料拮抗し高値波乱の展開か」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*10:21JST 今週のマーケット展望「好悪材料拮抗し高値波乱の展開か」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。先週は、日経平均がバブル崩壊後29年ぶりの高値を記録しました。さらに、バイデン氏の当選確実もあって今朝も大きく続伸していますね!

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、11月9日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。


まず広木さんは、『上院選のジョージア州の勝敗が来年1月5日の決選投票に持ち越されることになった。与党共和党の現職パーデュー氏と民主党候補オソフ氏のいずれも得票率が50%を下回ったため』と伝えています。

さらに、『同州で行われたもう一組の上院議員選(補欠選)も、共和党現職ケリー・ロフラー氏と民主党候補ラファエル・ウォーノック氏が決選投票に進む』として、『こうなると上院の議席が共和党・民主党で50:50になる可能性も出てきた。議席が50議席ずつであれば、副大統領が上院議長として投票できるため、バイデン氏が大統領選で勝った場合、上院は民衆党が制することになる』と言及。

そして、『そうなれば、今や市場が嫌う「ブルーウェーブ・シナリオ」の復活である』と示唆しています。

その理由については、『先週の相場上昇は「ブルーウェーブ・シナリオ」が後退したことが背景にあった。バイデン大統領になっても上院の過半数を共和党が維持する見通しが台頭すると大型財政出動期待は後退し金利が低下、ハイテク株などのグロース株に買いが向かった。大幅な増税やハイテク企業への規制強化などの政策は実現しにくくなるとの見方もハイテク株高の追い風になった』としたうえで、『ところが、再び雲行きが怪しくなってきた。相場はシナリオの見通しで先週上げた分の揺り戻しを迫られるだろう』と説明しています。

ただし、『大きな調整にはならない』と広木さんはいいます。

理由のひとつは、『バイデン氏の当選が確定したことだ。接戦州のペンシルベニア州での勝利が確実になり、獲得した選挙人の数が全米総数の過半数に達した』とのこと。ただ、『トランプ氏は敗北を認めず、法廷闘争で続投の道を探る構えだ。今後、司法の判断や再集計の結果などによっては、複数の接戦州で開票結果が揺らぐ可能性が否定できない』としつつも、『しかし、ここまでくればマーケットが嫌う不確実性は大きく後退している。相場の基調は堅くなるだろう』と見解を述べています。

もうひとつの理由は、『日経平均が29年ぶり高値を更新したことで相場のセンチメントが改善しているうえ、売りで向かった向きが踏みあげられていることだ』として、『下がったところはすかさずショートカバーが入るだろう』と予想しています。

一方、『中国が土曜日に発表した10月の貿易統計によると、輸出額は前年同月比11.4%増の2371億ドルだった。増加は5カ月連続で伸び率は19年3月(14.2%)以来、1年7カ月ぶりの大きさとなった』と伝えています。

これについて、『日米欧や東南アジアなど主要国・地域向けが軒並みプラスで、中国の貿易の回復ぶりが顕著になっている。バイデン政権誕生となればなおさら中国の貿易にプラス材料が増えるだろう』と広木さんは分析しています。

さらに、『今週は独身の日もある。消費の回復も確認できれば一段と中国経済に対する期待が高まる。中国関連銘柄がにぎわいそうだ』と予想しています。

最後に、『以上を総括すると、今週は悪材料(ブルーウェーブ復活の可能性浮上)と好材料(バイデン氏勝利確定と相場のセンチメント改善)が拮抗し高値波乱の展開が予想される』とまとめています。

なお、日経平均の予想レンジは、『2万4000円~2万4500円とする』とのことです。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ




《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up