for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ALBERT Research Memo(4):CATALYST戦略の推進により重点5分野の売上構成比が80%超を占める


*15:24JST ALBERT Research Memo(4):CATALYST戦略の推進により重点5分野の売上構成比が80%超を占める
■会社概要

3. 業種別売上構成
ALBERT
3906は重点産業分野として、自動車、製造(自動車除く)、通信、流通・インフラ、金融の5つの分野での取り組みを強化し、特定業種の好不況の影響に左右されない安定した収益基盤を構築することを目指している。

特に、2018年12月期にCATALYST戦略により業界大手との資本業務提携を進めてきたことで、売上構成比も顕著に変化してきている。2020年12月期第2四半期累計の売上構成比で見れば、通信分野が32%と最も高く、次いで自動車が18%、流通・インフラが16%、製造(自動車除く)が10%、金融が8%となり、5分野合計で83%と2017年12月期の59%から24ポイント上昇している。通信はKDDI、自動車はトヨタ自動車、流通・インフラは日本ユニシス、製造はマクニカ、金融は東京海上日動火災保険やSMFGといったCATALYSTパートナー向けの売上が伸びていることが要因だ。同社では今後も、CATALYSTパートナーを中心とした重点顧客との取引深耕を図り、将来的に重点5分野をほぼ等分するバランスの取れた収益ポートフォリオの構築を目指している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up