for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

TKP Research Memo(4):市場創造型の事業展開により高い成長性を実現(2)


*15:04JST TKP Research Memo(4):市場創造型の事業展開により高い成長性を実現(2)
■事業概要等

4. 周辺事業
ほかの貸会議室ビジネスを行っている企業との差別化要因の1つに、周辺サービスの展開が挙げられる。ティーケーピー
3479は、料飲、オプション、宿泊などの提供を通じて、顧客の幅広いニーズに応えている。料飲については、ケータリング、弁当、カフェ、レストランから成り、特にケータリングや弁当は貸会議室での懇親会など食事を伴う用途展開に欠かせない周辺サービスである。駅に近いシティホテルでは宿泊施設はあるが食事を提供するための大規模キッチンを設けるだけのスペースがないことが多い。同社がケータリングや弁当事業を展開していることで、駅にアクセスしやすい物件においても会議室のスペースさえあれば食事の提供や懇親会会場にも転用が可能なことは特筆すべきだろう(なお、新型コロナウイルス感染予防の観点から、ビュッフェ形式のケータリングおよび弁当製造については一時休止していたものの、2020年年末~2021年年始に向けて復活中)。

また、同社は、幅広いオプションも提供しており、それには、同時通訳システム・テレビ会議システムの提供、研修コーディネート、映像・音響・照明機材の設置・運用、オフィス家具や機材レンタルのほか、コロナ対策用備品などがあり、顧客の利便性を高める内容となっている。

さらには、顧客からの要望により宿泊も提供しており、研修旅行や社員旅行の際などに使用されている。直営施設として、リゾート型セミナーホテルである「レクトーレ」(9施設)、ハイクラスなリゾート型セミナー旅館の「石のや」(伊豆長岡温泉旅館・石のや 熱海の2施設)、都市型リゾート宿泊施設の「アジュール竹芝」(1施設)の3ブランドを展開している。フランチャイズ運営施設としては、ホテルと会議室のハイブリッド施設として「アパホテル」(10施設)、コンパクトホテルと会議室のハイブリッド施設の「ファーストキャビン」(1施設)※の2ブランドを展開している(2020年10月末時点)。

※フランチャイザーである(株)ファーストキャビンについては、2020年4月24日付けで東京地裁に破産手続き開始を申し立てている。同社は、フランチャイズとして「ファーストキャビンTKP名古屋駅」と「ファーストキャビンTKP市ヶ谷」のホテル2施設を展開してきたが、稼働率の高い「ファーストキャビンTKP市ヶ谷」の運営のみを継続し、「ファーストキャビンTKP名古屋駅前」については売却済みである。


昨今は大企業であっても、宿泊施設を自社で保有していることは少なく、また保有していてもコスト上、運営が難しいことが多い。同社はそのような企業ニーズを取り込み、リピート率の向上を狙う。また、高級旅館として有名な「石亭」は稼働率の低さから経営不振に陥っていたが、同社が「石のや」としてリブランドし、平日の法人需要を取り込むことで、経営を改善するなど資産の有効活用の観点からもメリットが多い。加えて、貸会議室だけでなく、食事・機器・宿泊場所・交通手配までワンストップで一連のサービスが提供され、顧客にとって利便性の高い内容となっているのが、同社が幅広い顧客に支持されているゆえんと言える。

5. 顧客
TKP本体の貸会議室の年間利用企業数は約35,000社に上るが、そのうち約2,000社が上場企業となっており、上場会社の半数以上が利用している。裾野の広い顧客基盤を有する一方、売上上位500社で売上高の約50%を構成しており、大手企業を中心とした上位顧客の構成比(利用頻度及び利用単価)が高い構造と言える。ヘビーユーザーに対してはVIP営業担当者の積極的な提案・細やかな対応により顧客の深掘りを図る一方、単発利用のライトユーザーについてはコールセンターやクラウドスペースを活用したオペレーションで効率化を図っている。また、既存顧客が売上高の約85%を占めており、高いリピート率を誇る。一方、日本リージャスは大手外資企業を中心とした顧客基盤を有しており、今後は相互送客によるシナジー創出にも取り組む。

6. 収益構造
2021年2月期上期におけるサービス別売上高構成比(TKP本体)は、「会議室料」が64.1%、「オプション」が10.5%、「料飲」が4.3%、「宿泊」が12.5%、「その他」が8.7%となっている。コロナ禍におけるケータリングの需要低迷により「料飲」が大幅に減少したが、今後の復活を見込んでいる。

施設のグレード別では、フラッグシップの位置付けのガーデンシティPREMIUM(GCP)とガーデンシティ(GC)が合わせて29.2%を占めるほか、スタンダードのカンファレンスセンター(CC)が33.2%、ライトユーズのビジネスセンター(BC)が5.9%、スター貸会議室が1.0%、宿泊・研修施設が18.4%、その他が12.4%となっており、上位3グレードだけで62.4%に達する。足元ではカンファレンスセンター以下のグレードで、試験会場利用やウェビナー案件の需要が旺盛であり、長期貸しの案件も増加傾向にある。一方、料飲売上を伴う上位グレードの需要回復が今後のカギとなっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up