for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

エルテス Research Memo(6):2021年2月期の通期予想を据え置き、下期も積極的な先行投資を実施する方針


*15:16JST エルテス Research Memo(6):2021年2月期の通期予想を据え置き、下期も積極的な先行投資を実施する方針
■業績見通し

2021年2月期の連結業績についてエルテス
3967は、修正予想(2020年7月14日公表)を据え置き、売上高を前期比13.4%減の1,700百万円、営業損失を350百万円、経常損失を370百万円、親会社株主に帰属する当期純損失を400百万円としている。通期でも減収減益(各段階損益で損失計上)となる見通しである。

通期業績予想の達成には、下期の売上高797百万円以上、営業損失201百万円以下が必須となる。もっとも、売上高予想は、コロナ禍による影響(顧客数・契約数の減少)が下期も継続することを想定しており、明らかに保守的な水準と言える。一方、損益面では、コロナ禍による新たな事業機会を逃さないための先行投資を増やす方針であり、上期よりも損失幅がさらに拡大する計画となっている。また、「その他事業」については、新たな収益の柱となるサービスの開発・伸長に注力する方針である。

弊社でも、コロナ禍の影響による顧客数・契約数の減少傾向に歯止めが掛かっているうえ、新サービスの立ち上げにより、新たに発生した需要の取り込みにも期待ができることから、売上高予想の達成は十分可能であり、上振れの可能性にも注意が必要であると判断している。一方、損益面については、将来を見据えた先行投資の掛け方次第であり、政策的判断によるところが大きい。同社は現在の外部環境を事業拡大に向けたチャンスと捉えていることから、積極的な先行投資を継続する可能性が高いと見ている。したがって、注目すべきは、先行投資の中身とその期待される効果をはじめ、新サービスの立ち上げが顧客層の拡がりや顧客単価の向上などを通じて、今後の事業展開や成長スピードにどのような影響をもたらしていくのかにあると言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up