for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

今週のマーケット展望「日柄調整で2万5000円台を固める展開」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)


*11:06JST 今週のマーケット展望「日柄調整で2万5000円台を固める展開」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)
皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。先週は、コロナワクチンのニュースで米株も日本株も驚くほど大きく動きましたね!そして今朝の日経平均も大きく反発して始まっています。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、11月16日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、先週金曜日の米国株式相場について『反発。S&P500が再び最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染急増が懸念される一方、ワクチン期待も強く景気敏感株が物色されたほか、小型株で構成するラッセル2000指数も終値ベースの最高値を更新するなど幅広い銘柄に買いが波及した。シカゴの日経平均先物は2万5620円で引けた』と伝えており、週明けの東京市場についても『反発で始まりそうだ』と言及しています。

そして、『問題はその後の持続力。11月に入り日経平均は2日から12日にかけての8連騰で2,500円余りも上げているだけに、さすがに一服となるだろう』と指摘。ただ、『とはいえ、さほど過熱感はない。上昇ピッチの速さから移動平均乖離率は拡大しているが、循環物色の相場だったために全面高という状況がすくなく、騰落レシオ(25 日ベース)は「買われすぎ」を示す120%からは遠い水準だ。海外投資家もようやく大幅買い越しに転じたことが確認された。踏みあげられている売り方も多く、下がったところでは押し目買いが入るだろう』として、『今週は値幅の調整よりも日柄調整で2万5000円台をしっかり固める展開か』と見解を述べています。

また、『この週末は相場にポジティブなニュースが相次いだことも地合いを堅調にするだろう』と予想。

例えば、『東アジア地域包括的経済連携(RCEP)で、日本から中国に輸出する工業品の関税撤廃率が86%にのぼる見込みとなったことや、製造業の純利益が前年同期比77%増と上期(54%減)から急回復すると日経が報じた。海外からはバイデン次期米大統領は財務長官に連邦準備制度理事会(FRB)前議長のジャネット・イエレン氏の起用を検討しているとのニュースが伝わった』こと等を挙げています。

なお、米国の経済指標については『16日に11月ニューヨーク連銀製造業景況指数、17日に10月鉱工業生産、18日に10月住宅着工件数、19日に11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数がある。個別では18日にエヌビディアが決算を発表する。同社の決算発表が、ハイテク・グロース株が巻き戻しに転じるきっかけとなるか注目だ』といいます。

また、国内では『16日に7-9月のGDPが公表される』として、『前回の前期比年率マイナス28.1%に対して、どこまで回復を示せるか。市場の予想は18%増だが、これを上回れば相場の追い風となろう』と考察しています。

最後に、『今週の予想レンジは2万5100円~ 2万5900 円とする』としています。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ




《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up