for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アイモバイル---ヤフーとふるさと納税事業で連携、市場の成長とシェア拡大に攻勢


*11:00JST アイモバイル---ヤフーとふるさと納税事業で連携、市場の成長とシェア拡大に攻勢
ふるさと納税支援サイト「ふるなび」を展開するアイモバイル
6535がふるさと納税市場での成長へのアプローチを強めている。同社は18日にヤフーとの業務連携について合意したと発表した。

Yahoo!Japanのオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」を経由して、アイモバイルのふるさと納税サイト「ふるなび」で取り扱う自治体への寄附をできるようにする。Yahoo!Japanのユーザーに、より手軽に自治体への寄附を可能にすることで、ふるさと納税制度の更なる普及を目指す。

「Yahoo!ショッピング」サイト経由での自治体への寄附では、クレジットカード決済の他に、Yahoo!Japan の子会社PayPayが提供する「PayPayオンライン決済」を新たに導入した。ふるさと納税サイトでは唯一、「Yahoo!ショッピング」上でのキャンペーンに参加でき、付与された各種ポイントを使用できる。

ふるさと納税制度は年々利用者数が増加し、現在では利用者400万人、寄付総額約4900億円の市場となっており、地方自治体の重要な財源となっている。しかしながら、利用率は10%未満と推定されており、市場の成長余地は大きい。

アイモバイルは2014年にふるさと納税サイト「ふるなび」を開始以来、インターネットマーケティング企業の強みを活かした自治体との協働返礼品の開発を進めてきた。次は新規顧客獲得のためのTVCMに続き、今回のプラットフォームへの出店で「ふるなび」の認知度と利便性を高め、一層のシェア拡大を狙っている。

アイモバイルの強みは祖業であるインターネット広告(アドネットワーク)で培ったマーケティングのノウハウにある。ヤフーとはインターネット広告配信におけるユーザーの行動分析等の協業も視野に入れているようだ。

独自のマーケティング機能を活かし、ふるさと納税制度を通じて地域と都市部を結び付け、事業による地域と業界への支援で、地域社会の活性化など社会課題を解決する同社の動きに注目だ。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up