for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ALBERT---リサーチャーによる「研究開発支援サービス」を、広く企業の研究開発部門に提供開始


*12:35JST ALBERT---リサーチャーによる「研究開発支援サービス」を、広く企業の研究開発部門に提供開始
ALBERT
3906は18日、これまで一部の取引先のみに提供していた「研究開発支援サービス」を同日より、広く企業の研究開発部門を対象に提供を開始すると発表した。深層学習(ディープラーニング)をはじめとした機械学習等の専門知識やノウハウを持つリサーチャーが、多様化するテクノロジーの急速な変化や企業独自の課題に即した実務支援を行う。

同社は230名超のデータサイエンティストが在籍し、AIのシステム実装を視野に入れた産業・企業の開発パートナーとして、「ビッグデータ分析」「AIアルゴリズム開発」「システム実装」等のソリューションを提供している。2020年1月からは、先端技術に関する調査・研究・開発等を担うスペシャリストであるリサーチャーを集めた先進技術部を新設。今回、クライアントのニーズ拡大に伴い本サービスの開始に至った。
今後研究開発をさらに加速させるべく、リサーチャーの増員及び分析環境の拡充を目指すとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up