for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ネクスグループ---NCXX FARMで「養液隔離栽培システム」の取り扱いを開始


*11:35JST ネクスグループ---NCXX FARMで「養液隔離栽培システム」の取り扱いを開始
ネクスグループ
6634は18日、同社の農業ICT事業を行うNCXX FARMにおいて、新たな農法として「養液隔離栽培システム」の取り扱いを開始したことを発表。

養液隔離栽培システムは、2タイプ(直置き方式、ベンチアップ)のベット方式、2種類の培地(ロックフィールド、ココフィールド)から選択できるため顧客のハウスや要望にあわせた設計が可能なシステム。
ベット方式について、直置きは栽培のための高さが取れない場合や低コスト導入を目指す場合に向いている。ベンチアップは収穫位置が高いため収穫作業を効率化できる。
培地については、ロックフィールドは玄武岩を主原料とし、高度な製造システムと栽培技術により生み出された高品質な人工培地。水分管理が行い易く、収量アップが期待できる。ココフィールドは日本の生産者向けにオランダの培土メーカー“ファンデルクナープ社”と共同開発した天然有機質100%のオリジナル培地。従来品に比べ保水性と排水性のバランスに優れるため毛細根が出やすい傾向にあり、圧縮前に水洗いされているので、従来品に比べ圃場でのアク抜き洗浄の回数を減らすことができる。

300坪のビニールハウスス内に養液隔離栽培システムを新規に設備導入する場合の概算価格は、約1200万円(税別)。ベンチアップ方式で、原水フィルター、原水タンク、給液ポンプ、廃液ポンプ、液肥混入機、肥料タンク、ココフィールド培地、同専用台座が含まれる。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up