for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日産東京販売ホールディングス---東京日産 高齢者専用のカーリース「S−POP」の販売が好調


*14:23JST 日産東京販売ホールディングス---東京日産 高齢者専用のカーリース「S−POP」の販売が好調
日産東京販売ホールディングス
8291は4日、子会社である東京日産自動車販売の「高齢者専用のカーリース」(商品名:S-POP)が、コロナ禍の中でも販売を伸ばし、同社の2020年度上期の現金一括払いやローンなどを含めた全ての新車販売が前年比76.2%と新型コロナ感染拡大の影響で減少するなかで、個人向けカーリースは「S-POP」の販売伸長により前年比19.5%増と2割増となったことを発表。

「S-POP」は、65歳以上専用の個人向けカーリース。高齢者による事故が社会問題化される中、65 歳以上が安全装備を搭載した新車を購入した際に補助される「サポカー補助金制度」が 2019 年 12 月に施行された。同社も社会環境に対し柔軟に対応した形で、同時期に「S-POP」を発売し、先進安全装備を搭載した車への需要に応えたもの。

通常の個人向けカーリースは5年契約が基本となっているが、「S-POP」は5年契約であるものの、2 年経過以降は自動車運転免許の返納を条件に、契約を終了させることができる。この特約により高齢者でも気軽にリース契約を結ぶことができる。

このS-POPは同社が20年以上前に開発した個人リースの派生商品で、これまでもニーズに合わせ様々な新商品をリース会社と共同で開発し販売してきた。同社の主要マーケットである都内における個人向けカーリースのシェアは同社一社で4割以上を占めている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up