for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

BS11 Research Memo(5):タイム・スポット収入の増加と周辺事業収入の強化を図る計画


*15:45JST BS11 Research Memo(5):タイム・スポット収入の増加と周辺事業収入の強化を図る計画
■今後の見通し

日本BS放送
9414は2021年8月期見通しについて、コロナ禍は徐々に収束し、2021年8月期上期にかけて経済状況は回復していくものと想定していた。しかし、現在は再拡大となっている状況に鑑み、2021年8月期を通して影響が継続し、その後2022年8月期上期にかけて経済状況は徐々に回復していくという想定へと変更し、業績見通しを公表した。

コロナ禍の影響下で、テレビ広告収入において営業力の強化と良質な番組制作、効果的な広告宣伝により広告媒体としての価値を向上させることで、タイム・スポット収入の増加と周辺事業収入の強化を図る計画である。一方、費用面では、視聴者ニーズに沿った魅力的な番組づくりと番組編成を行いながら番組関連費用の効果的な使用とその他の費用の削減に努めることで、費用効率をさらに高めていく。なお、2021年8月期は小幅な増収に対して営業利益は31.0%減益を見込んでいるが、これは番組制作が正常化に向かうことで費用が増加すると見られるほか、放送設備機器の設備更新投資を行っており、これに伴う減価償却費2億円程度を想定しているためとしている。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up