for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

USENNEX Research Memo(5):コロナ禍も、2020年8月期営業利益は大幅増益


*15:45JST USENNEX Research Memo(5):コロナ禍も、2020年8月期営業利益は大幅増益
■業績動向

1. 2020年8月期の業績動向
USEN-NEXT HOLDINGS
9418の2020年8月期の業績は、売上高193,192百万円(前期比9.9%増)、営業利益10,883百万円(同32.1%増)、経常利益10,093百万円(同50.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4,909百万円(同19.1%減)となった。下期の大半がコロナ禍の影響を受けたにもかかわらず、当初予想を上回る好調な決算となり、営業利益、経常利益及び親会社株主に帰属する当期利益は、2024年8月期を最終年度とする中期経営計画の中間目標(2022年8月期)を2年前倒しで達成した。なお、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比で減益となっているが、これは2019年8月期に発生した固定資産売却に伴う税効果がなくなり、通常の税率に戻ったことで増加した法人税等が要因である。

同社の顧客である業務店は個人事業主や中小・零細企業が多く、コロナ禍による緊急事態宣言で店舗や商業施設の休業や営業時間短縮を余儀なくされ、苦境に陥った先も少なくなかった。緩慢とはいえ緊急事態宣言後の回復や「Go Toキャンペーン」などでやや息をついた面はあるが、全面的な経済活動の再開にはいまだ至っていない。このような状況下、同社は、新型コロナウイルス感染症防止メッセージの全国の病院・スーパー・飲食店などへの無償提供や、飲食店向けのテイクアウト・デリバリー応援、休業中店舗の防犯対策として店舗向けクラウドカメラサービスの無償提供などの様々な支援を行った。また、非対面や非接触といったニーズに対応する、新たな店舗向けIoTサービスのラインアップ拡充にも取り組んだ。業務店向けの業績はこのように厳しかったものの、巣ごもりやテレワークの拡大に伴ってニーズが強まった個人向けの動画配信や法人向けICTソリューションなどが売上高をけん引した。売上総利益率は、高採算の店舗サービスと業務用システムが苦戦したものの、通信と動画配信でカバーし、わずかな低下にとどめた。また、コロナ禍以前から進めていた生産性改善プロジェクトが奏功し、統合で膨らんだ組織やM&Aで子会社化したキャンシステム(株)のダブルコストを見直したことで生産性が改善した。また、業務店向け営業推進販促のデジタル化や効果の見えないリスティングやアフィリエイトの見直しなどにより販促効率も向上し、販管費の伸びは売上げを下回って販管費率の改善につながった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up