for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

日本アジア投資---成都ハイテク産業開発区管理委員会などと協定締結、アジア進出支援やクロスボーダーM&A推進へ


*09:40JST 日本アジア投資---成都ハイテク産業開発区管理委員会などと協定締結、アジア進出支援やクロスボーダーM&A推進へ
日本アジア投資
8518は17日、中国成都市の成都高新技術(ハイテク)産業開発区管理委員会、上海利暘文化科技発展の二者と、協力協定を締結したと発表した。上海利暘文化科技発展は文化観光技術事業と娯楽事業を手掛けている。協定は、日本企業と成都市企業の事業進出を相互に支援することを目的としている。

成都市は四川省の省都であり、内陸部における物流の中心地として航空、鉄道、道路運輸の要衝となっている。中国中央政府からは戦略的支援を受けており、人的資源も豊富なため、最先端の航空宇宙産業や航空機設計、文化デジタル産業、交通産業が盛んである。

同社は投資先の日本企業の海外進出支援とアジア企業の対日投資の支援に向け、アジア圏のネットワークを強化している。今回の協定もその一環である。今後はネットワークを活用して、日本企業のアジア進出を支援するファンドの設立や日本とアジアのクロスボーダーM&A業務を展開する計画だ。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up