for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サイバネットシステム---「サイバネットCAEクラウド」最新バージョン3.0を2021年1月より提供開始


*15:01JST サイバネットシステム---「サイバネットCAEクラウド」最新バージョン3.0を2021年1月より提供開始
サイバネットシステム
4312は17日、「Microsoft Azure」に対応した「サイバネットCAEクラウド」最新バージョン3.0を2021年1月より提供開始すると発表。

最新バージョンでは、日本マイクロソフトと富士ソフト
9749の協力により、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の仮想マシンを利用した計算が可能になった。CAEソフトウェアを利用した業務では、繁忙期には不足する計算リソースが閑散期では余剰するといった「リソースの最適化」が課題となっている。
また、新型コロナウイルスの感染拡大防止策などのBCP対策(Business Continuity Plan:事業継続計画)の一環として、在宅勤務などのテレワークへの取り組みも求められている。今回のMicrosoft Azure対応により、必要なときに必要な計算リソースを利用できる環境を、より柔軟に提供できるようになった。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up