for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

CAICA---ファンドへの出資と、ライツ・オファリングによる調達資金の使途変更を発表


*12:03JST CAICA---ファンドへの出資と、ライツ・オファリングによる調達資金の使途変更を発表
CAICA
2315は18日、子会社のeワラント証券とともに、暗号資産・暗号資産デリバティブへ投資を行うEWC匿名組合運営の「暗号資産ファンド」への出資と、現代アートへ投資を行うEWA匿名組合運営の「アートファンド」へ出資することについて発表した。これに伴い、EWC匿名組合、EWA匿名組合は同社の連結子会社に該当することになった。また、この出資は、ライツ・オファリングによる調達資金のうち、支出予定時期未定としていた運転資金11.52億円の一部を変更するものとなる。

同社グループはIT金融企業としてのサービスを展開している。国内外の暗号資産や有望なDeFi(Decentralized Finance、金融分野における DApps)案件への投資を迅速に実行していくために、暗号資産ファンドへの出資を決定した。また、投資したアートのNFT(Non-Fungible Token、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークン)を活用した売却も視野に入れ、アートファンドへの出資を決定した。

なお、NFTのシステムは、子会社のCAICAテクノロジーズが開発するブロックチェーンプラットフォームを利用する予定で、アート以外にも活用可能な汎用的なNFT基盤を提供するとのこと。同社はこれらの出資を通じて新たなノウハウを吸収し、「IT金融のさらなる深化」を図るとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up