for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ミアヘルサ Research Memo(8):地域包括ケアシステムの推進をデベロッパーと協業しながら開発していく方針


*15:18JST ミアヘルサ Research Memo(8):地域包括ケアシステムの推進をデベロッパーと協業しながら開発していく方針
■今後の成長戦略

2. 成長戦略
(1) 地域包括ケアシステムの推進
成長戦略として、ミアヘルサ
7688は政府が掲げる地域包括ケアシステムの開発を推進していく方針を掲げている。地域包括ケアシステムの具現化は一企業では難しいとされてきたが、同社は「日生オアシス和光」や「日生ケアヴィレッジひばりが丘」、「オアシス柏豊四季」などの実績もあり、現在はUR都市機構や大手デベロッパーとの連携案件が進行中となっている。サービス付き高齢者向け住宅をベースに調剤薬局等のグループサービスを一体的に提供していく予定である。当社の3事業を軸に事業部間の連携に加え、クリニックやコンビニや飲食店などを誘致することも可能であり、老若男女が集う地域のコミュニティを包括的に開発することで、将来的には少子高齢化者社会の課題を解決するとともに、収益成長の原動力としていく考えだ。

(2) 社会保障ニーズの増大に対応した体制を確立
厚生労働省が発表した「2040年を見据えた社会保障の将来見通し」において、社会保障給付費は2018年度の121兆円から2040年度は188兆円まで拡大するものと予測されている。このうち、同社が事業領域とする医療、介護、保育分野については合計で2018年度の57.8兆円から2020年度は73.1兆円、2040年度は105.6兆円に増加する見込みとなっている(年平均成長率で3%)。同社では今後も社会的ニーズの大きい3事業を連携しながら事業展開していくことで、着実な収益成長を目指していく方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up