for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

大幸薬品 Research Memo(3):「クレベリン」新工場稼働により生産能力大幅増強


*15:33JST 大幸薬品 Research Memo(3):「クレベリン」新工場稼働により生産能力大幅増強
■トピックス

大幸薬品
4574では2020年11月下旬から、大阪府茨木市で「クレベリン 置き型」向けの新工場の稼働を開始した。この新工場は最新鋭の自動・高速生産設備を導入しており、前期比約10倍の生産能力を実現するとともに、工程人員を従来の約3分の1とするなど効率化も達成した。設備投資額は約25億円。コロナ禍が続くなかでの品薄状態を解消するとともに、業務用市場や海外市場への拡大の原動力にもなる。

同社は、近年「クレベリン」の海外展開を推進しており、その成果が顕在化している。中国では、深センを拠点にチャネル開拓や広告・販促を行い急成長している。台湾においても、EC事業者のM&Aを契機に拡販を行い、2020年12月期第2四半期の売上高を伸ばした。2020年10月には、欧州・中東・中南米等の新規開拓地域の統括を機能する大幸薬品インターナショナル(株)を設立。また2021年1月には、トルコ(イスタンブール)に現地法人を設立する予定だ。トルコはGDPで世界19位、人口約8,300万人と潜在市場が大きく、許認可取得が比較的容易であると想定されたことも参入の要因となった。トルコでは、マーケティング・販売機能を持たせるとともに、隣接する欧州や中東等の周辺国でのパートナー開拓や市場調査等も実施する予定である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)




《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up