for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

神戸物産 Research Memo(5):業務スーパー事業は既存店向け出荷額の伸長と新規出店効果で大幅増収増益に(2)


*15:15JST 神戸物産 Research Memo(5):業務スーパー事業は既存店向け出荷額の伸長と新規出店効果で大幅増収増益に(2)
■神戸物産
3038の業績動向

(5) その他
その他の売上高は前期比17.7%増の531百万円、営業損失は258百万円(前期は219百万円の損失)となった。売上高は2019年より新たに焼肉業態「プレミアムカルビ」を直営で3店舗(神奈川県)出店したことにより増収となったが、観光事業等の先行投資費用もあり営業損失の計上が続いている。「プレミアムカルビ」は焼肉食べ放題で、他社との差別化ポイントとして、女性客を意識してデザートを充実している点が挙げられる。特にジェラートは店内で作っていることもあり好評で、客足も順調に推移しているようだ。2020年12月には埼玉県にも直営1店舗をオープンしている。店舗運営プロセスの標準化を確立した段階でFC展開も進めていく予定となっている。

なお、北海道の観光事業では果樹園をオープンする予定となっているが、2020年10月期は野生動物が園内に入ったこともあり育成に遅れが生じた。2021年10月期は防護柵を作って侵入を防いでいるが、果樹の育成状況を見極める必要があるため、オープン時期は未定となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up