for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

前日に動いた銘柄 part1 日本M&Aセンター、アンビスホールディングス、日東電工など


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 日本M&Aセンター、アンビスホールディングス、日東電工など
銘柄名<コード>27日終値⇒前日比
日本製鉄
5401 1220.0 -32.5
半導体不足による自動車生産の減少懸念を嫌気した売りが継続か。

ハーモニック・ドライブ・システムズ
6324 7900 -330
75日線割れでチャート形状はさらに悪化。

日本M&Aセンター
2127 6170 +280
200日線手前からのリバウンド機運が継続。

アンビスホールディングス
7071 5480 +270
26日の25日線までの調整受けて押し目買いの動き強まる。

日本アジアグループ
3751 1090+150
引き上げられたTOB価格へサヤ寄せの動き。

SREHD
2980 4460 +360
SMBC日興証券では新規に買い推奨。

リョーサン
8140 2383 +216
業績上方修正で営業益は一転2ケタ増益見通しに。

JCRファーマ
4552 2742 +246
ワクチン製造工場の取材報道を材料視。

東京製綱
5981 1383 +124
日本製鉄のTOBに対し27日にも反対意向表明と伝わる。

GMB
7214 1064 +39
引き続き韓国での電動化対応投資に対する公的支援手掛かりに押し目買い。

LIFULL
2120 398 +27
SMBC日興証券が新規に「1」格付け。

日東電工
6988 10100 +740
10-12月期決算は市場予想を大幅に上回り通期予想上方修正。

ダブル・スコープ
6619 1154 +86
直近高値奪回意識で買い戻し優勢も。

GMOグローバルサイン・ホールディングス
3788 10130 +600
電子契約サービスの導入企業数14万社突破を引き続き材料視。

タダノ
6395 1010 +56
抵抗線レベルの950円突破から買い戻し優勢にも。

東京製鐵
5423 747 +53
業績下方修正後があく抜け感優勢の展開に。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント
3765 2710 +146
特に材料も観測されず需給要因が中心か。

日本ペイントホールディングス
4612 10050 +510
調整一巡感からのリバウンドが継続。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス
3387 785 +64
優待権利取りの動きなども強まり、買い戻しも優勢に。

キヤノン
7751 2478 +156
28日に予定の決算に対する期待が続く。

日本航空電子工業
6807 1717 +91
決算発表控えて期待感先行か。

日本碍子
5333 1884 +96
NAS電池や半固体電池に対する期待感増す。

タツタ電線
5809 750 -35
通期上方修正も上振れ幅は限定的。

エムスリー
2413 9547 -548
26日にはモルガン・スタンレーMUFG証券が格下げ。

新日本理化
4406 275 -8
26日急反発からの戻り売りに押される。






《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up