for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

サイバネットシステム---AI搭載内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN(R)」シリーズに2製品を追加


*12:40JST サイバネットシステム---AI搭載内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN(R)」シリーズに2製品を追加
サイバネットシステム
4312は27日、大腸内視鏡で撮影された内視鏡画像を人工知能(AI)を用いて解析する「EndoBRAIN(R)」シリーズより、大腸癌の診断を支援する「EndoBRAIN(R)-Plus(エンドブレインプラス)」、ならびに潰瘍性大腸炎の炎症状態の診断を支援するソフトウェア「EndoBRAIN(R)-UC(エンドブレインユーシー)」の販売を、オリンパス7733より2021年2月5日から開始すると発表した。

「EndoBRAIN」シリーズは、医師による内視鏡検査を補助するAIとして2013年より研究・開発が進められ、2018年12月に医薬品医療機器等法にもとづく承認をAI搭載医療機器として初めて取得。
既に発売している「EndoBRAIN(R)-EYE」および「EndoBRAIN」に今回の2製品が加わり、大腸内視鏡検査における病変の検出・鑑別から治療方法の選択までの一連の工程をAIで包括的に支援することが可能になったとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up