for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ファンペップ---抗体誘導ペプチドの新規開発化合物が決定、前臨床試験を開始


*10:18JST ファンペップ---抗体誘導ペプチドの新規開発化合物が決定、前臨床試験を開始
ファンペップ
4881は29日、これまで探索研究を進めてきた標的タンパク質インターロイキン 23(IL-23)に対する抗体誘導ペプチドについて、新規開発化合物FPP005を決定し、臨床試験開始に向け前臨床試験を開始したことを発表。

IL-23は様々な炎症性疾患の病態に重要な役割を担っており、先行する抗IL-23抗体医薬品は尋常性乾癬、乾癬性関節炎、クローン病、潰瘍性大腸炎等の幅広い疾患を対象に開発が進められている。FPP005についても尋常性乾癬をはじめとする幅広い炎症性疾患を対象に開発を進めて行く。

また、抗体誘導ペプチドは化学合成で製造することが可能なため製造コストを抑制できるため、同社では高額な抗体医薬品に対して医療費を抑制できる代替医薬品として開発し、先進国で深刻化する医療財政問題の解決や患者の負担軽減に貢献することを目指す。





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up