for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

スペースバリューHD Research Memo(3):システム建築事業がコア。事業間シナジーで「空間価値」を創造(2)


*16:13JST スペースバリューHD Research Memo(3):システム建築事業がコア。事業間シナジーで「空間価値」を創造(2)
■会社概要

3. 沿革
スペースバリューホールディングス
1448は、2018年10月に日成ビルド工業による単独株式移転により持株会社として設立された。したがって、同社の起源は、日成ビルド工業が設立された1961年7月にまでさかのぼる。日成ビルド工業は現本社所在地の金沢市において、組立式ガレージの製造、販売を目的として設立された。その後は、ハウス事業本部(1968年)、住宅事業本部(1974年)、建材事業本部(1980年)、立駐事業本部(1988年)、建築リース事業本部(1993年)の設置など事業基盤の拡充や変革を図りながら、全国各地への生産拠点の展開などにより事業を拡大してきた。その間、1978年に大阪証券取引所市場第2部に株式上場すると、1996年10月には東京証券取引所市場第1部に株式上場を果たした。

2011年3月に発生した「東日本大震災」では、応急仮設住宅などの建設に取り組み、被災地の復旧・復興に貢献した。2012年頃からは、戦略的M&A等により事業領域の拡充にも取り組んできた。2012年9月に小澤建設(現 NB建設北関東)、2013年2月に相鉄建設(現 NB建設)、2013年3月に東和工建(現 NBパーキング)の全株式を取得し子会社化したほか、2013年9月に(株)NBファシリティーズ(2017年1月にNBマネジメントへ統合)、2013年12月にNBインベストメント、2015年4月に(株)ジー・エフ・エム(現 NBマネジメント)を設立し、土地活用から建築、運用、保守・メンテナンスまでの空間価値創造に向けた体制を作り上げた。その後も、2016年4月にコマツハウス(現 システムハウスアールアンドシー)、2018年7月にはアーバン・スタッフの子会社化により、更なる事業基盤の強化を図っている。

海外展開については、経済成長の著しい東南アジア市場への進出を図ってきた。2013年1月に本格的な進出拠点としてシンガポールに子会社「NISSEI BUILD ASIA PTE. LTD.」を設立した。2013年7月にはタイでシステム建築及び立体駐車場事業を展開するための子会社「SPACE VALUE(THAILAND) CO.,LTD.」を設立すると、2017年8月にはシンガポールにおいて駐車場運営・管理事業を展開する「P-PARKING INTERNATIONAL PTE LTD」の株式を取得し子会社とするなど、シンガポール子会社「NISSEI BUILD ASIA PTE. LTD.」「P-PARKING INTERNATIONAL PTE LTD」及びタイ子会社「SPACE VALUE (THAILAND) CO.,LTD.」を中心とした事業基盤の構築を図っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up