for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

電算システム---20年12月期2ケタ増収増益、各セグメント好調に推移


*11:00JST 電算システム---20年12月期2ケタ増収増益、各セグメント好調に推移
電算システム
3630は1日、2020年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比13.8%増の457.52億円、営業利益が同25.0%増の28.36億円、経常利益が同24.7%増の29.16億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同22.9%増の19.15億円となった。

情報サービス事業の売上高は前年同期比19.5%増の271.47億円、営業利益は同27.8%増の20.74億円となった。情報処理サービスにおいては、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりイベント中止、延期が相次いだことから各種ギフト処理サービスなどの処理件数は減少を余儀なくされ売上が減少した。一方、SI・ソフト開発及び商品販売においては、GIGAスクール関連や高まるリモートワーク需要などによりChromebookやGoogle Workspace(旧G Suite)などが大きく伸長した。また、オートオークション業務システム、教育関連システム、デジタルサイネージなどの売上も伸長した。なお、第3四半期より情報セキュリティ事業会社であるピーエスアイを新たに連結の範囲に含めている。

収納代行サービス事業の売上高は前年同期比6.4%増の186.04億円、営業利益は同21.6%増の7.72億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響により提供サービスごとに明暗が分かれる傾向はあったが、主力の払込票決済においては、新規獲得先の稼働が予定より少し遅れているが、逐次稼働が始まってきており件数の伸び率は順調に回復してきた。この傾向は今しばらく続くものと想定され、売上の伸び率は更に回復してくると見込んでいる。また国際送金部門はサービス開始以来、初めて通期黒字となった。なお2020年7月より本格稼働を開始した債権保証型後払いサービスは、その契約先数を伸ばしてきているものの、稼働までの時間が通常払込票よりかかることから、その取扱い件数は当初計画よりは少し遅れている。また、全体として、売上の伸びの支えとなる地方公共団体を含む新規先の獲得状況は計画通りに順調に進展した。

2021年12月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比13.7%増の520.00億円、営業利益が同0.5%増の28.50億円、経常利益が同0.1%増の29.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.5%増の19.45億円を見込んでいる。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up