for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

オークファン Research Memo(7):各機能の連携や、海外バイヤー向け販売サイトの立ち上げに取り組む


*15:07JST オークファン Research Memo(7):各機能の連携や、海外バイヤー向け販売サイトの立ち上げに取り組む
■オークファン
3674の主な活動実績と2021年9月期の取り組み

1. 在庫価値ソリューション事業
2020年4月に、膨大な商品実売データを活用した在庫管理AIソリューション「zaicoban」を開始すると、2020年5月には、Amazon出品者向けのクラウド型業務効率化ツール「オークファン コネクト」の無料提供を開始するなど、ECソリューションの拡充を図った。なお、「オークファン コネクト」は9月末時点で利用者が5,000名を突破した。さらに2020年9月には、「タテンポガイド」にて「NETSEA」とのシステム連携を開始。「タテンポガイド」はこれまで様々なECモールやカートシステムとの連携を図ってきたが、本連携により「タテンポガイド」を通して「NETSEA」への出品並びに受注管理、在庫同期、配送管理等が可能となった。また、2021年9月期には「zaicoban」と「タテンポガイド」の連携も開始する予定であり、企業在庫の価値算定から再流通までをワンストップで可能にする「モノの再流通インフラ」の確立に向けて注力していく方針である。

2. 商品流通プラットフォーム事業
2020年10月には海外バイヤー向け販売サイト「NETSEA Cross-border wholesale」をオープンし、本格的な海外展開へのスタートを切った。国内最大級のBtoB仕入れモールの「NETSEA」には、海外からのアクセスや仕入れ要望が多くある一方、「NETSEA」に登録しているサプライヤーからは「海外販売を始めたいものの、どう始めたらいいか分からない」という声が数多く寄せられており、それらのニーズに応えるところに狙いがある。したがって、海外バイヤー及び国内サプライヤーの双方の需要は既に顕在化しており、立ち上がりから一定の業績貢献が期待できる。

一方、「Otameshi」については、東京電力ホールディングス
9501に続き、関西電力9503及び東邦ガス9533へのOEM提供を開始した。本件により、各OEM先の利用者向けに販売ができるようになり、更なる食品廃棄ロス削減に寄与することができるほか、各OEM先の顧客サービスの向上や社会貢献活動の支援(SDGsの達成等)にもつながるものである。また、農林中央金庫とはメーカー及び生産者支援での協業を開始した。2021年9月期は産直商品の取り扱いを本格的に開始する計画であり、集客力のアップと認知度の向上を図っていく。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up