for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

クオールホールディングス---信託型従業員持株インセンティブ・プランを再導入、16.43億円を上限とする株式取得


*10:19JST クオールホールディングス---信託型従業員持株インセンティブ・プランを再導入、16.43億円を上限とする株式取得
クオールホールディングス
3034は3日、信託型従業員持株インセンティブ・プランの再導入を発表した。

本プランは、同社グループ従業員に対して中長期的な企業価値向上へのインセンティブを付与することで、中期目標の達成に向けた取組みを進め、同社の持続的成長を推進するとともに、従業員の福利厚生の充実を目的としている。

同社は、2016年7月に本プランを導入しており、設定以降持株会への株式の売却が想定より順調に推移し、前倒しの2020年12月に終了したため、再度導入することとした。

本プランでは、同社が信託銀行に「クオールグループ従業員持株会専用信託」(以下、従持信託)を設定し、従持信託は、今後5年間にわたり持株会が取得すると見込まれる数の同社株式を予め取得、その規模は16.43億円となる。その後は、従持信託から持株会に対して継続的に同社株式の売却が行われるとともに、信託終了時点で従持信託内に株式売却益相当額が累積した場合には、当該株式売却益相当額が残余財産として受益者適格要件を満たす者に分配される。

同社は、本プランの狙いが従業員に対して中長期的な企業価値向上のインセンティブを付与すると同時に、福利厚生の増進策として、持株会の拡充を通じて従業員の株式取得及び保有を促進することにより従業員の財産形成を支援することとしている。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up