for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

TKP---リージャス、静岡市初進出のレンタルオフィス「リージャス静岡葵タワービジネスセンター」を2021年6月オープン


*13:58JST TKP---リージャス、静岡市初進出のレンタルオフィス「リージャス静岡葵タワービジネスセンター」を2021年6月オープン
ティーケーピー
3479は5日、子会社である日本リージャスホールディングスが、静岡市初進出となるレンタルオフィスを2021年6月にオープンすると発表した。

レンタルオフィス「リージャス静岡葵タワービジネスセンター」は、JR静岡駅直結、静岡市で最も高いビル(高さ125m)である「葵タワー」の1階区画(182.54平方メートル)にオープン予定。

働き方改革やコロナ禍の影響を受け、今後のオフィス需要は「分散化」「サテライト化」の動きがさらに加速していくことが予想される。同社グループの出店計画は、「本社ビル集積地に加え、郊外都市や住宅地域などから都心部へのハブとなる駅を出店候補地とする」方針としている。

静岡市は東京・名古屋の中間に位置し、いずれも新幹線で1時間程度、東名高速であれば2時間程度と大都市圏から近く恵まれた立地であり、企業の地方拠点の開設、サテライトオフィスの需要の高まりなどを見込む。静岡県内では、2015年浜松市に「リージャス浜松駅南口ビジネスセンター」をオープンし、継続して安定的に稼働があるため、今回静岡市に「リージャス静岡葵タワービジネスセンター」を新設し、東海地方の主要都市を結ぶビジネスのネットワークを拡張。
同社グループは地元のビジネスの発展や利用者の生産性向上などに寄与するサービスを提供していきたい考え。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up