for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ピクスタ---20年12月期は「PIXTA」定額制シフトが進行、堅調に増加。新規事業への投資継続で成長加速に向け取り組む


*12:01JST ピクスタ---20年12月期は「PIXTA」定額制シフトが進行、堅調に増加。新規事業への投資継続で成長加速に向け取り組む
ピクスタ
3416は10日、2020年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比4.9%減の26.25億円、営業利益が同75.8%減の0.38億円、経常利益が同83.1%減の0.26億円、親会社株主に帰属する当期純損失が1.12億円(前期は0.90億円の利益)となった。

同社グループは2020年12月期を「新規事業の成長加速の年」と位置づけ、PIXTA事業を継続的に伸ばしつつ、新規事業への投資を継続し、成長加速に向けて取り組んでいる。デジタル素材マーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」については、定額制売上では定額制シフトが進行し、前期比8.2%増の成長となった。一方で、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の影響は緩和するも、PIXTAの単品売上は昨年の水準には届かず、PIXTA事業全体で前期比3.9%減となった。

海外事業においては、事業ポートフォリオの見直しを行い、現地の拠点を縮小した。

新規事業のうち、出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」については、新型コロナウイルスの影響が緩和し、年間の撮影件数は16,040件、前期比22.0%増となった。

また、スマホ写真のマーケットプレイス「Snapmart(スナップマート)」ついては、マーケットプレイスの売上高は、前期比62.2%増の成長となった。オンデマンド撮影の売上高は、コロナの影響が緩和し、受注案件数も徐々に回復しているものの、2019年12月期の水準には届かず、前期比22.7%減となった。一方で、オンデマンド撮影のアンバサダープランに、オプションとして、新たに動画アンバサダーを開始し、より幅広い顧客のニーズに対応できるサービスとして成長した。

2021年12月通期の業績予想について、売上高が前期比5.9%増の27.80億円、営業利益が同59.4%減の0.15億円、経常利益が同95.6%減の0.01億円、親会社株主に帰属する当期純利益は0.00億円を見込んでいる。



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up