for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

オンコリスバイオファーマ---20年12月期、がんのウイルス療法テロメライシンを中心に研究・開発・ライセンス活動を推進


*10:29JST オンコリスバイオファーマ---20年12月期、がんのウイルス療法テロメライシンを中心に研究・開発・ライセンス活動を推進
オンコリスバイオファーマ
4588は12日、2020年12月期決算を発表した。売上高が前期比75.9%減の3.14億円、営業損失が16.74億円(前期は5.11億円の損失)、経常損失が17.23億円(同5.39億円の損失)、当期純損失が20.95億円(同9.12億円の損失)となった。

医薬品事業の売上高は3.13億円(前期は売上高12.92億円)、営業損失は7.13億円(前期は営業利益3.73億円)となった。Transposon Therapeutics, Inc.(米国)とのOBP-601の新規ライセンス契約の締結に伴う契約一時金収入、Medigen Biotechnology Corp.(台湾)からのテロメライシンに関する開発協力金収入や岡山大学からの次世代テロメライシンOBP-702に関する業務請負収入等が発生した。

検査事業の売上高は610千円(前期は売上高0.11億円)、営業損失0.73億円(前期は営業損失1.51億円)となった。肺がん患者のCTCによる治療の予後予測を検討する順天堂大学との臨床研究を進展させた。

2021年12月期通期の業績予想については、売上高が前期比111.4~222.9%増の3.50~7.00億円、営業損失が20.00億円~16.50億円、経常損失が20.00億円~16.50億円、当期純損失が20.00億円~16.50億円を見込んでいる。特定の数値による予想が困難であるため、レンジ形式による開示としている。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up