for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ポート---3Q累計は増収&進捗良好、先行投資で費用かさむも中長期成長への基盤構築進む


*17:44JST ポート---3Q累計は増収&進捗良好、先行投資で費用かさむも中長期成長への基盤構築進む
ポート
7047は12日、2021年3月期第3四半期(20年4月-12月)累計の連結決算を発表した。売上高が30.82億円(前年同期比10.7%増)、EBITDA(営業利益+減価償却費+のれん償却額)が2.91億円(同43.0%減)、営業利益が1.19億円(同72.8%減)、経常利益が1.37億円(同68.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.92億円(同68.4%減)となった。各指標の、通期予想に対する第3四半期末時点での進捗は、売上高が41.00億~45.00億円の予想に対して、季節性により第4四半期(21年1月-3月)の業績シェアが高い傾向にある中で68~75%(前年同期の進捗は68%)、EBITDAが0~1.00億円の予想に対して大幅に超過、営業利益も1.30億円の損失~0に対して大きく超過といった好調な状況となった。これを受け、弊社では同社の通期予想の達成確度は高いと考える。
就職領域において、採用ニーズの回復、オンライン就活への対応を背景に業績は第3四半期(20年10月-12月)から前年同水準に回復した。事業利益率は積極的な投資によって低下しているが、その分、コンテンツ投資による会員数や、新規顧客開拓数は順調に増加しており、ともに今後の成長に寄与する見込みだ。
リフォーム領域においては、コロナ禍におけるリフォーム需要増加や、対面型の営業自粛などによるネット申し込み増加を受け、好調に推移した。コンテンツ投資、アカウント投資の体制構築が完了し、第4四半期(21年1月-3月)からは積極的な投資を開始する計画で、この点も今後の成長を支えると弊社は予想する。
カードローン領域においては、消費需要の回復などを背景にカードローン需要が増加した。第2四半期(20年7月-9月)は広告投資によって事業利益率が低下したものの、顧客予算を確保し、第3四半期ではマッチング効率の最適化を背景に利益率が改善した。第4四半期については、再度先行投資を実施する見込みだ。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up