for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

バイク王 Research Memo(6):エリア拡大のほかリスクを分散させるための成長投資を実施


*15:06JST バイク王 Research Memo(6):エリア拡大のほかリスクを分散させるための成長投資を実施
■バイク王&カンパニー
3377の業績動向

4. 経常利益増減要因
経常利益859百万円(前期比139.0%増)の増減要因としては、売上総利益の増加1,286百万円にに対し、広告宣伝費や一般車輌配送費などの販売費40百万円、給料手当や賞与引当金繰入額などの人件費507百万円、消耗品費や減価償却費などの管理費242百万円がかかったことによるものである。第4四半期において山口県山口市に第三コンタクトセンターを新設しており、買取拠点の併設を見込んだエリア拡大のほか受付業務の停止リスクを分散させるための成長投資を行った影響があると弊社では考えており、第4四半期における利益減がピークを窺わせるとは考えていない。第三コンタクトセンター新設によるエリア拡大やリスク分散姿勢、顧客の利用促進を図る施策や店舗の修繕を実施するなど成長下における経営判断により、引き続き成長余地は大きいだろう。

5. 財政状態
流動資産は主に商品、現金及び預金が増加し、売掛金が減少したことにより前期比1,063百万円増加し、5,200百万円となった。固定資産については411百万円増加し、2,455百万円となっている。これは主にソフトウエア仮勘定の増加等により無形固定資産が増加、繰延税金資産の増加等により投資その他の資産が増加したことによる。流動負債は929百万円増加し、2,604百万円となっている。これは主に未払金、前受金、未払法人税等、未払消費税等、賞与引当金、買掛金が増加し、預り金が減少したことなどによるものである。固定負債は主に資産除去債務が増加したことにより、13百万円増の470百万円となった。純資産は主に当期純利益の計上と株主配当によって利益剰余金が増加したことにより531百万円増加し、4,580百万円となった。

(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up