for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アンジェス---慢性椎間板性腰痛症を対象とした核酸医薬品NF-kBデコイオリゴDNA開発の進捗について発表


*15:50JST アンジェス---慢性椎間板性腰痛症を対象とした核酸医薬品NF-kBデコイオリゴDNA開発の進捗について発表
アンジェス
4563は17日、慢性椎間板性腰痛症の治療薬である核酸医薬品NF-kBデコイオリゴDNA(開発コード AMG0103)の後期第1相試験の結果(速報)を発表した。

観察期間 6 カ月間で、患者の忍容性は高いうえ、重篤な有害事象も認められず、さらに探索的にデータを評価したところ、患者に腰痛の著しい軽減とその効果の持続が認められ、有効性も確認できたとした。今後、12ヵ月後までの結果も踏まえて、第2相臨床試験へ移行する。

現在、米国FDAが慢性椎間板性腰痛症に対する薬物療法として承認しているのは、消炎鎮痛剤による対症療法のみ。AMG0103は、推定される原因物質を阻害することで効果を発揮する点で、既存の鎮痛剤とは異なる。
同社によると、世界中で椎間板性腰痛症の患者は多く、日常生活に支障をきたすとともに、生産性の低下に伴う大きな経済的負担を強いられている。患者数および社会的影響から、慢性椎間板性腰痛症治療薬であるAMG0103は、大きな市場を形成する可能性があるとしている。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up