for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

ドーン Research Memo(4):2021年5月期第2四半期は増収増益、コロナ禍の影響は軽微


*15:14JST ドーン Research Memo(4):2021年5月期第2四半期は増収増益、コロナ禍の影響は軽微
■業績動向

1. 2021年5月期第2四半期の業績概要
ドーン
2303の2021年5月期第2四半期の売上高は449百万円(前年同期比2.9%増)、営業利益119百万円(同11.8%増)、経常利益122百万円(同10.8%増)、四半期純利益84百万円(同7.6%増)と堅調に増収増益で半期を折り返した。

売上高に関しては、前年同期よりライセンス売上が減少し(前年同期はGISのミドルウェア「GeoBase」のライセンスにおいて大口受注あり)、受託開発案件の納期が第3四半期以降に集中したことで受託開発売上が減少したものの、クラウドサービスの利用料収入の増加により全体として増収となった。「クラウド型サービス」が前年同期比56百万円増の249百万円と成長が著しい。システム別では、主力の「NET119緊急通報システム」や「DMaCS」等の防災や防犯関連のクラウドサービスの構築及び利用料が業績に貢献した。コロナ禍の影響に関しては、一部の受託開発案件の受注時期への軽微な影響にとどまった。売上原価率は29.9%と前期比4.4ポイント低下。これは原価率の低いクラウド型サービスの売上比率が高くなったためである。販管費比率は43.4%と同2.3ポイント上昇した。これは、クラウドサービス成長に伴う人件費の増加が要因である。売上総利益増加の効果が上回り、営業利益は同11.8%増と堅調に推移した。


無借金経営により強固な財務基盤を築く。自己資本比率91.1%
2. 財務状況と経営指標
2020年11月期末の総資産は前期末比12百万円増の1,895百万円となった。うち流動資産は36百万円増であり、現預金の242百万円減があったものの、金銭の信託は200百万円増、仕掛品は45百万円増であった。固定資産は24百万円減であり、投資その他の資産の22百万円減が主な要因である。負債合計は同55百万円減の167百万円となった。有利子負債はなく、無借金経営を継続している。経営指標では、流動比率が1,414.4%、自己資本比率が91.1%と極めて高く、財務基盤は強固である。収益性の指標では、売上高営業利益率で26.6%(前年同期は24.5%)と非常に高いことから、優れたビジネスモデルを構築していることがわかる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)




《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up