for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

リソルホールディングス---光センサー技術「LiDAR」活用のラフ用無人芝刈り機実用化に向けた研究機を開発


*16:39JST リソルホールディングス---光センサー技術「LiDAR」活用のラフ用無人芝刈り機実用化に向けた研究機を開発
リソルホールディングス
5261は19日、リソル総合研究所が、芝草管理機メーカーの共栄社と千葉大学と共同で、光センサー技術「LiDAR」を搭載したゴルフコースのラフ用無人芝刈り機の実用化に向けた研究機を開発したと発表した。

リソル総合研究所と共栄社、千葉大学は共同研究を行っており、今回はこの共同研究で得た知見を活かして、新たに実用可能なラフ用無人芝刈り機の共同開発に着手する。LiDARを搭載することで、木々に覆われている場所やラフ等強く精度が求められない場所での無人走行が可能となり、様々なシーンでのゴルフ場管理の無人化ができるという。

試作機の完成後は、リソルグループの所有するゴルフトレーニングフィールド Pies(福島県石川町)のコースの一部を利用し、実用化に向けた実証実験を行っていく。商品化は2023年を予定している。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up