for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

Jトラスト---Group Lease PCLに対し、Jトラストアジアへ約2.5百万円の支払いを命じる控訴審判決を発表


*11:48JST Jトラスト---Group Lease PCLに対し、Jトラストアジアへ約2.5百万円の支払いを命じる控訴審判決を発表
Jトラスト
8508は9日、子会社のJトラストアジアがGroup Lease PCL(以下、GL)に対して行っている訴訟について、同日あった控訴審判決言い渡しで、控訴裁判所がJトラストアジアによる権利行使は適法として原審判決を取り消し、GLの請求を棄却するとともに、GLに対して、訴訟費用及び弁護士費用として700,000タイバーツ(約2.5百万円)をJトラストアジアに支払うよう命じる判決を下したと発表した。

2017年10月、タイ証券取引委員会が、GLの当時の最高経営責任者、此下益司氏について、詐欺行為を行い、業績を過大計上するためにタイ国外の複数の関連会社を通じた隠蔽取引を行うことによって資産を横領し、会計記録を偽造したとして、刑事告発していた問題で、タイ証券取引委員会は、GLに対して、過去の財務書類を訂正するよう要求していた。Jトラストアジアは、GLの投資の前提となった財務諸表を粉飾し、Jトラストアジアを誤解させ、GLに投資させたことなどを理由として、投資資金の回収を図るべく、訴訟活動を行っているという。

これまでに、GLはJトラストアジアがGLに対して行った会社更生の申立て等が不当、違法であるとして、Jトラストアジアに対し880百万タイバーツ(約31億円)の賠償を求める訴訟を提起していた。Jトラストアジアは、かかる請求には理由がないとして争う姿勢で、2020年3月5日付及び2020年4月16日付の第一審で、タイ民事裁判所は、Jトラストアジアに対し685百万タイバーツ(約24億円)及び訴訟費用を支払うよう命じる判決が下されたため、Jトラストアジアは判決を不服として控訴裁判所に控訴を行っていたという。

今後更なる進展があり次第、改めて開示するとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up