for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

プロスペクト---日本エネライズ、カントリーガーデン・ジャパンとの包括的業務提携を発表


*13:52JST プロスペクト---日本エネライズ、カントリーガーデン・ジャパンとの包括的業務提携を発表
プロスペクト
3528は10日、子会社である日本エネライズがカントリーガーデン・ジャパンとの包括的業務提携契約を締結したと発表した。

カントリーガーデン・ジャパンは、カントリー・ガーデン・ホールディングス(碧桂園控股有限公司:中国広東省)のパートナー企業であり、碧桂園控股有限公司は、中国広東省を拠点に、主に不動産開発事業、建設用継手・装飾事業、不動産投資事業、不動産管理事業及びホテル運営事業を行っており、カントリーガーデン・ジャパンはそのパートナー企業として、日本における不動産事業展開のライセンスを取得している。一方、日本エネライズは、「地域の方々と共に新たな基幹電源を確立し、再生可能エネルギーを活用することで、環境保護、地域経済や社会の活性化を図ること」を経営理念として活動を続けている。
両社の使命、理念の根幹にあるものは「社会の活性化」という共通認識があり、日本市場でのクリーンエネルギーを使った住み続けられるまちづくりを目的とする包括的業務提携契約の締結に至ったとしている。

今後は、日本市場を含む東南アジア圏諸国でクリーンエネルギーを使った住み続けられるまちづくりの開発を共同で行うとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up