for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

アライドアーキ Research Memo(1):2020年12月期は計画を上回る大幅な増益により、営業黒字化を実現


*15:01JST アライドアーキ Research Memo(1):2020年12月期は計画を上回る大幅な増益により、営業黒字化を実現
■要約

1. 事業概要
アライドアーキテクツ
6081は、創業以来、自社開発のマーケティングSaaSツールやSNS活用を中心としたソリューション提供により、『顧客企業と人々をつなぐ』BtoBビジネスを展開している。

新型コロナウイルス感染症拡大(以下、コロナ禍)による環境変化がデジタルシフトを加速するなかで、これまで培ってきたSNSマーケティング支援ノウハウを生かし、「マーケティングDX支援企業」※として圧倒的ポジションを確立することを新たな中期テーマに掲げ、それに伴って報告セグメント名及び事業名を変更した。「マーケティングDX支援」の単一セグメントのもと、マーケティングDX支援ツールによる「SaaS事業」、広告クリエイティブ制作のプラットフォームによる「海外SaaS事業」、デジタル人材によりマーケティングDX戦略を支援する「ソリューション事業」、中国向けプロモーション支援を行う「中国進出支援事業」の4つの事業に区分されている。マーケティングDXへの流れを追い風とする国内事業の成長加速や、投資回収フェーズに入った海外事業の収益貢献により、同社グループは新たな成長ステージに入ってきた。

※同社では、マーケティングDX(デジタルトランスフォーメーション)を「デジタル技術・デジタル人材によって業務プロセスや手法を変革し、人と企業の関係性を高めること」と定義している。


2. 2020年12月期の業績
2020年12月期の連結業績は、売上高が前期比2.6%増の4,192百万円、営業利益が298百万円(前期は157百万円の損失)と微増収ながら計画を上回る大幅な増益により、営業黒字化を実現した。「国内SaaS事業」や「ソリューション事業」がコロナ禍をきっかけとしたマーケティングDXの需要拡大等により好調に推移したほか、「海外SaaS事業」及び「中国進出支援事業」もそれぞれ着実に伸びた。特に、四半期推移で見ると、各事業ともに緊急事態宣言(1回目)が解除された第3四半期以降の伸びが大きく、今後に向けても明るい兆しが見えてきた。損益面でも、収益の底上げや販管費の削減により大幅な増益を実現し、3期連続の営業損失計上からの黒字転換を果たした。特筆すべきは、これまで先行投資フェーズにあった「海外SaaS事業」が第4四半期に黒字化(四半期ベース)したことであり、今後は投資回収フェーズに入っていくものと考えられる。また、活動面でも、中国市場との強力なネットワークを持つラオックス
8202との業務提携(中国進出支援事業)などで大きな成果を残すことができた。

3. 今後の方向性
マーケティング領域におけるDXへの流れが加速するなかで、「SaaSツール」と「デジタル人材」の両輪から、顧客企業のマーケティング効率を格段に向上させるDX支援を提供し、「マーケティングDX支援企業」として圧倒的ポジションを目指す方向性である。特に、「SaaSツール」については、多様なサービスラインナップの強みを生かして、より盤石な顧客基盤を構築するとともに、アップセル、クロスセルにより顧客単価の引き上げにも取り組む。また、「デジタル人材」については、顧客企業のマーケティングDX戦略を包括的に支援する質の高い人材を拡充していく方針である。

4. 2021年12月期の業績予想
2021年12月期の連結業績について同社は、売上高を前期比10.2%増の4,620百万円、営業利益を同33.9%増の400百万円と大幅な増収増益を見込んでいる。マーケティングDXの流れなどを追い風として、「国内SaaS事業」と「ソリューション事業」を中心に各事業がそれぞれ伸長する見通しである。損益面でも、新サービスの開発や既存サービスの機能拡充など、将来に向けた先行費用を継続するものの、増収による収益の底上げにより大幅な増益を実現し、営業利益率も8.7%(前期は7.1%)に改善する見通しである。

■Key Points
・2020年12月期は計画を上回る大幅な増益により、営業黒字化を実現。マーケティングDXへの流れを追い風として、第3四半期以降は各事業が順調に伸長。先行投資フェーズにあった「海外SaaS事業」についても、第4四半期に営業黒字転換(四半期ベース)
・「マーケティングDX支援企業」として圧倒的ポジションの確立を新たな中期テーマに掲げ、まずはSaaSの強化とデジタル人材の拡充に取り組む
・2021年12月期も、引き続きマーケティングDXを追い風に大幅な増収増益を見込む

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)



《YM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up