for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

オークファン Research Memo(6):2021年9月期は前期を上回る加速度的な成長を見込む


*15:26JST オークファン Research Memo(6):2021年9月期は前期を上回る加速度的な成長を見込む
■業績見通し

1. 2021年9月期の業績予想
2021年9月期の業績予想についてオークファン
3674は、期初予想を据え置き、売上高を前期比38.4%増の10,900百万円、営業利益を同58.4%増の1,300百万円、経常利益を同54.5%増の1,250百万円、親会社株主に帰属する当期純利益を同86.6%増の800百万円と大幅な増収増益を見込んでいる。

ベンチャー投資先の株式売却が業績に大きく寄与する想定(第1四半期に実施済み)であるが、その分を除いた主力事業の業績についても、売上高を前期比51.4%増の10,000百万円、営業利益を同57.6%増の500百万円と、前期を上回る加速度的な成長を計画している。

主力事業については、コロナ禍をきっかけとした環境変化を追い風として、「在庫価値ソリューション事業」及び「商品流通プラットフォーム事業」がともに順調に伸びる見通しである。利益面についても、広告宣伝費や人件費など、事業拡大に向けた先行費用を積極投入するものの、増収により吸収して大幅な増益を実現する想定となっている。

なお、第1四半期における進捗率(特に利益面)が、「インキュベーション事業」の利益が先行したことにより極めて高い水準に達したにもかかわらず、期初予想を据え置いたのは、コロナ禍の影響等による「営業投資有価証券」の減損リスクの可能性を慎重に見ていることが理由のようだ。したがって、それ以外の前提条件に変更はないと見られる。

2. 弊社アナリストの見方
2021年9月期の業績予想達成のためには、残り9ヶ月間の売上高7,937百万円、営業利益76百万円あれば足りる。したがって、同社が慎重に見ている減損リスクをどう評価するかにもよるが、特に利益面での上振れの可能性は極めて高いと判断してもよいであろう。もっとも、注目すべきは主力事業における業績の進捗にある。特に、コロナ禍をきっかけに流通構造の変化が加速し、それに伴って同社も本格的な成長ステージに入っていく可能性があり、そういった観点から足元業績の伸びをフォローしていくことが重要となろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)





《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up