for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

クリーク・アンド・リバー社---きんでんと「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を共同開発


*14:11JST クリーク・アンド・リバー社---きんでんと「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を共同開発
クリーク・アンド・リバー社
4763は、15日、総合設備工事のきんでんと共同で、ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクをVR空間内で体験できる「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」を開発したことを発表。

本コンテンツは、「VR電力量計アーク災 害体感教育ツール」「VR高所作業車逸走災害体感教育ツール」に続く、第3弾のコンテンツ。きんでん社内の労働災害の防止ならびに高品質な工事施工の実施を目的にC&R社がVRアプリケーションシステムを開発し、きんでんが教育シナリオの構築・監修を担当した。
素手でVR空間にあるものを操作できるハンドトラッキング機能を用いており、VRゴーグルを被りながら自身の手先を動かすことにより、VR空間内で手先の細やかな動きを再現することができる。正しいナイフの角度でのみ電線が剥ける設計となっており、ナイフが手に当たると切創災害が発生する。実際のダミーナイフと電線を持ちながら体験することも可能としている。

同社の法人向けXR関連サービスの取引実績は4,000件超にまで拡大しており、今後も様々な業界の課題に対してXR技術を活用したソリューションを提供し、企業の価値創造に貢献したいとしている。





《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up