for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

USENNEX---病院DX、PX推進を支援「Sma-pa TERMINAL DESKTOP」をリリース


*16:23JST USENNEX---病院DX、PX推進を支援「Sma-pa TERMINAL DESKTOP」をリリース
USEN-NEXT HOLDINGS
9418は16日、子会社のアルメックスが新たに「Sma-pa TERMINAL DESKTOP」をリリースすると発表。

同製品は2019年2月にリリースした次世代型多機能受付機「Sma-pa TERMINAL」のコンパクトバージョン。カウンターや簡易的な受付台に設置可能な卓上・廉価型のコンパクトKIOSK端末として開発。筐体は、15.6インチの縦型タッチパネルモニターで操作しやすいUIを実現。また、上位機種の「Sma-pa TERMINAL」と同等の機能を実装。
アプリケーションは、これまでの受付機能の他、自動保険証確認や診療費の後払いサービス「Sma-pa CHECKOUT」の登録が患者自身で可能となる。

将来的にはクレジットカードや各種電子マネーでの支払い、マイナンバーカードを利用した顔認証オンライン資格確認端末「Sma-pa マイナタッチ」との連携も予定している。今回の開発では、利便性が向上し、操作が難しい高齢の患者に代わって、窓口内で操作もできる。また、コンパクトな設計のため、クリニックなどの限られた場所での設置など様々なシーンでの利用が可能。廉価版になったことで、設置環境(フロント面積)や初期投資の兼ね合いから導入が難しかった医療機関でも、投資負担を軽減させることにより導入が可能となる。

同社は、これまで培った医事受付・会計周りの運用ノウハウを基に、医療機関の様々なシーンに応じて組み合わせるパズルソリューションを提供し、病院DX、PX(ペイシェントエクスペリエンス)推進を支援していくとしている。






《ST》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up