for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up
日本株

テンポイノベ Research Memo(6):2021年3月通期は減益予想据え置きだが上振れの可能性


*08:06JST テンポイノベ Research Memo(6):2021年3月通期は減益予想据え置きだが上振れの可能性
■今後の見通し

1. 2021年3月期通期業績(非連結)予想の概要
テンポイノベーション
3484の2021年3月期通期の業績(非連結)予想は、売上高が前期比1.0%増の10,084百万円、営業利益が同23.5%減の600百万円、経常利益が同17.3%減の671百万円、当期純利益が同19.9%減の451百万円としている。

2021年3月期第3四半期累計の進捗率は売上高78.7%、営業利益100.7%、経常利益103.2%、当期純利益104.8%で、各利益は通期予想を超過達成しているが、コロナ禍に伴う緊急事態宣言再発出の影響が不透明として、通期予想を据え置いた。同社は、緊急事態宣言再発出による時短営業要請で飲食店が影響を受けるが、小規模事業者にとっては協力金給付もあり、解約が増加する動きは見られないとしているため、会社予想は保守的と言えるだろう。そのため、通期予想は上振れの可能性が高いと弊社は見ている。


「居抜き店舗.com」リニューアル効果で新規登録会員数が大幅増加
2. 店舗転貸借事業の動向
コロナ禍の影響を強く受けた2021年3月期第1四半期をボトムとして成約件数が回復傾向であり、引き続き転貸借物件仕入や成約獲得を積極的に推進する。また事業リスク抑制を図るため、ウィズコロナ時代の出店ニーズへの対応として、郊外の店舗物件仕入にも着手している。

また「居抜き店舗.com」のリニューアルを2020年3月期第2四半期に実施しており、リニューアル効果と支援金や協力金等の飲食店向け支援情報の積極的な提供により、新規登録会員数が大幅増加している。集客力・存在感のあるWEBサイトに進化し、コロナ禍を契機に出店チャンスとみる飲食店経営者のニーズを捉えていく方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)



《EY》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up